忍者ブログ
2017.06│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
問題の起きやすいハウスクリーニングと敷金問題について書かれているサイトをまとめました
フリーエリア
最新コメント
ブログ内検索
2017年06月28日 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011年11月05日 (Sat)

健康管理の第一歩は、自分の体重を管理することです。

BMIの適性範囲に入っていれば、その体重は適正体重です。

BMIを計算することで自分の状態がわかります。

標準体重とは、BMI18.5~25.0の範囲内にある体重です。

もしもBMIが18.5に満たなければ痩せすぎです。

BMI25~30は肥満度1と診断され、BMI30~35は肥満度2という診断となります。

35~40の場合は肥満度3、BMIが40以上であれば肥満度4となり重度の肥満となります。

ダイエットをしなければいけないかどうかは、体重でわかります。

肥満が進行するほど体にかかる負荷も大きく、健康を阻害する要素が増えますので、体重を管理することは必要不可欠です。

健康的な体づくりのために体重を管理するなら、肥満は解消すべきです。

ただし、急激なダイエットは体に負荷がかかります。

肥満からのダイエットは、医師の指導に従うことです。

日頃食べているものを確認することから行いましょう。

BMIを計算した結果、体重が標準より少なすぎた人も体重を管理する必要があるでしょう。

健康であり続けることが、一人一人の適正体重ということができます。

健康診断などで定期的に身長や体重を計測して管理し、BMIを計算します。

大きな変化があるなら病気の可能性もありますので、精密検査を受けてみた方がいいこともあります。

PR
←No.5No.4No.3No.2No.1